留学生ひとりぐらしガイド

ホーム >お役立ち情報 > 留学生ひとりぐらしガイド

留学生ひとり暮らしガイド

日本での留学が決まったらまずは日本国内での手続き、そしてお部屋探し。安心して日本での留学生活が送れるようにいろいろな事前準備をもれなく進めましょう。事前の準備がしっかりできていれば、何も不安になることはありません。ここでは簡単ですが入国後の手続きと、日本での部屋探しでの注意点についてお伝えしています。

入国手続き・在留カード登録部屋探し・部屋の種類・保証人・契約・住民登録引越し・鍵渡し新生活・騒音・ゴミだし・自転車・保険加入
在留カードを登録する
日本に来た外国人の方で、上陸する空海港で入国審査を受け、中長期在留者(3か月を超える在留者)となった方は、旅券(パスポート)に上陸許可の証印 (シール)が貼付されて、在留資格が記載された在留カードが交付されます。(短期滞在者など中長期在留者以外の方には、在留カードは交付されず、旅券に在留資格短期滞在の証印が貼付されます。)
中長期在留者の方は、在留カードを取得してから2週間以内に、自分が居住することになる市区町村の役所の窓口へ行き、住民登録の手続きをして、在留カードの裏面に住所の記載をしてもらいます。
在留カードが必要な理由
外国人が日本で生活をするときに自分の存在証明を求められたときは、在留カード(あるいは住民票)で証明することができます。証明を必要とするときとは、銀行口座を開設する、携帯電話を契約する、部屋を借りる、大学等を受験するときなどです。


留学生専用のお部屋を探す


住居の探し方
来日の前に学校周辺の住居をいろいろチェックしておきましょう。学校指定の寮なら場所はどこか、空室があるのか、民間住宅なら学校周辺の家賃相場はいくらか、どんな間取りがいいのか、家賃はいくらまでなら支払えるのかなどを事前に調べておきましょう。資料請求や問い合わせもメールでなら気軽に送ることができます。
参考:関西大学周辺の家賃相場 単位(円) 2016年10月調べ
  ユニットバス バストイレセパレート バストイレセパレート、AL
関大周辺の単身用マンション 15,000~ 40,000~ 45,000~
※ユニットバス⇒お風呂とトイレがひとつ。 バストイレセパレート⇒お風呂とトイレが別々。 AL⇒オートロック付き。

topに戻る


家賃・敷金・礼金・仲介手数料の意味
部屋探しの際にでてくる不動産用語です。最低限の言葉は知っておきましょう。
家賃
1ヶ月の部屋代のこと。普通は月末までに、翌月分の家賃を前払いする。不動産会社管理のマンションなどでは、約束の期日から1週間以上遅れると延滞金がかかるところもあるので注意すること。
共益費(管理費)
階段、通路、共同トイレなどの共用部分の電気、水道、清掃費や管理維持に必要な1か月分の費用のこと。
敷金
家賃の滞納や損傷に対する保証金として家主に預けるお金。通常家賃の0~2ヶ月分くらい。部屋の明け渡し時に返金される。
礼金(権利金)
家主に支払う一時金で、家賃の1~2ヶ月分くらい。敷金と違い、部屋を明け渡す時にも返金されない。
仲介手数料
不動産屋に支払う手数料。家賃の1か月分が普通。

topに戻る


内容を理解してから契約をしよう
法律用語は理解が難しいかもしれませんが、署名、捺印すれば法律的に契約書は有効になります。内容をよく理解してから署名・捺印してください。わからない点は学校の留学生担当者か日本の事情に詳しい先輩に確認してください。弊社も多数の留学生にお部屋をご紹介しておりますのでわからない点は何でもご質問・ご相談ください。

topに戻る


住民登録
部屋が決まったら自分が居住することになる市区町村の役所の窓口へ行き、住民登録の手続きをして、在留カードの裏面に住所の記載をしてもらいます。

留学生専用のお部屋を探す
topに戻る


引越し・鍵渡し
引越しは友達に手伝ってもらったり、引越し業者にお願いしたり様々な方法がありますので自分で最善の方法を選びましょう。鍵をもらう日に引越しをするのが基本です。荷物が届く日や時間なども鍵をもらってからのタイミングにしましょう。

新生活
文化や慣習の違いは必ずあります。その積み重ねがやがて大きなトラブルになることもあります。日本人は良くも悪くも気がついても、はっきり言わないところがあります。日常生活でトラブルにならないようちょっとしたことに注意して生活をしましょう。ここでは日本で生活する上での基本的なルールをご紹介します。
ゴミの出し方、捨て方
日本の各地域では家庭から出されるゴミはすべて決められた方式で分け、決められた日時に、決められた場所に置かなければゴミ収集車が集めてくれません。このルールを守ることがまず第一歩です。ゴミにも種類があって、市町村によってどの種類のゴミをどの曜日に出すかが定められています。
可燃ゴミ
燃やすゴミ。野菜くずなどの生ゴミや紙、衣類、生理用品、たばこの吸殻等
不燃ゴミ
燃やさないゴミ。金属製品、ガラス製品、陶磁器、乾電池、30センチ以下の家電製品等
資源ゴミ
プラスチック製容器包装、古紙、ビン、缶、ペットボトル、食品用発砲スチロール製トレー等)

ゴミ回収の曜日
各市町村によって定められていますので詳しくはアパートやマンションの管理会社に問い合わせてみましょう。可燃ゴミは1週間に2回ぐらい。不燃ゴミは1週間に1回の回収が普通です。マンションやアパートによっては管理会社が業者に依頼してゴミを回収しているところもあります。

topに戻る


騒音
民間住宅でも寮でも、集団で生活する建物では隣の音や上の階の音が響いてくる建物があります。また音量によっては窓を通して響くこともあります。多少の生活音は仕方ありませんが、お互いに自分の出す生活音に注意しながら生活することが基本です。夜10時を過ぎると、どこの家庭もできるだけ音を響かせないように気をつけています。以下の場合は特に注意しましょう。
ドアの開閉や階段の上り下りには十分注意しましょう。
テレビやオーディオ機器の音量は小さくしましょう。
掃除機や洗濯機などの振動音の出る機器の深夜の使用は控えましょう。

topに戻る


自転車の利用について
放置自転車は勝手に拾ってはいけません。日本では盗難防止のために防犯登録がされています。警察官に調べられた時、拾った自転車であることがわかると泥棒になってしまいます。
決められた場所に駐輪する
駅前などの自転車置き場以外の場所に自転車を駐輪しておくと「放置自転車」として撤去されることもあります。撤去された自転車を返却してもらうために指定場所に引き取りに行き手数料を支払わねばなりません。必ず決められた場所に駐輪するようにしましょう。また自分のマンションやアパートの駐輪スペースに必ず駐輪し鍵をかけておくようにしましょう。

topに戻る


国民健康保険に加入しよう
留学生活でもっとも不安なことのひとつに「病気になったらどうしたらいいのか」という問題です。もし健康保険に加入していないと、病気になった時に非常に高額の治療費を払わなければなりません。国民健康保険への加入は、留学生活にとって、必要不可欠な条件です。権利であると同時に義務でもあります。
国民健康保険に加入するには
居住地の区・市役所の国民健康保険課に加入の申し込みをします。在留カード、パスポートが必要です。
引っ越した場合は
転居したら新しい住所地の市区町村役所で申請し新しい保険証をもらいます。新住所の役所の窓口で前の国民健康保険証を提出して新しい保険証を受け取ってください。この手続きをしないと国民健康保険の適用を受けられません。

topに戻る


留学生専用のお部屋を探す
引用:日本の大学、大学院留学情報JPSS 留学生生活案内

ひとり暮らしお役立ち情報 留学生ひとり暮らしガイド

ページトップへ戻る

株式会社ダイイチパートナー COPYRIGHT © 2012 Dgroup Co.,Ltd AllRIGHTS RESERVED.